医療法人広翔会 貝塚みずき野クリニック

0297-21-1221休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日

乳腺治療

視触診

まず最初に診察衣に着替えていただき荷物は袋に入れて持参してもらいます。そして視触診検査を行います。
乳腺検診ではマンモグラフィの重要性が強調されていますが、通常診察における視触診の重要性は今でも変わることはありません。ベテラン医師の目と指先には今までの経験が集積しています。


マンモグラフィ検査

マンモグラフィ検査視触診の次にマンモグラフィ検査を行います。乳房を器械で上下方向と左右方向の2方向で圧迫しそれぞれレントゲン写真を撮ります。乳房は厚みがあるため圧迫して薄い状態にして撮影しないと詳細がわからないためです。このときに痛みを伴いますががんばって検査をしましょう。 マンモグラフィでは石灰化という細かい砂粒のような所見を見ることがあります。しこりになる前に早期癌でよく見られる所見ですのでマンモグラフィ検査は早期癌発見には最も適した検査です。
院長はマンモグラフィの読影講習会で講師の経験を持っており、守谷市・取手市の検診マンモグラフィの読影もお手伝いし最終診断医を務めています。厚生労働省の検診基準では40才以上の女性は2年に1回、マンモグラフィを受けることが推奨されています。


超音波検査

超音波検査次に超音波検査をします。これは体表面から超音波の器械を当てて検査をしますので痛みはありません。安心して受けてください。超音波検査はしこりの中身の検査、質的診断を得意にしています。触診でもマンモグラフィでもわからないのう胞の診断は超音波検査が一番です。


細胞診検査

乳頭から分泌液がある場合には液を細胞診に出して悪い細胞が出てないかの検査をします。、


いつが空いているの?

午後の診療時間帯で電話予約をお願いします。


診療科目

外科、内科、乳腺外科、内視鏡内科、消化器内科、肛門外科、 リハビリテーション科

けやき台の家